iopromide

イオプロミド注「BYL」

非イオン性尿路・血管造影剤

ジェネリック医薬品
低浸透圧・低粘度・非イオン性
ガラス製プレフィルドシリンジ
プレフィルドシリンジ製剤にはICタグ装着

開発の経緯

イオプロミドは、ドイツシエーリング社(現バイエル社)が開発した非イオン性尿路・血管造影剤で、トリヨードベンゼン環を基本骨格にN-メチル化アミノグリセロール基およびメトキシ酢酸を導入することで高い水溶性と低浸透圧を実現した製剤です。
1985年、「Ultravist®」の販売名でドイツで発売され,これまで世界約100ヵ国以上の国々で承認されています(2020年12月現在)。
本邦では1996年に「プロスコープ®」の販売名で発売され、バイアル製剤およびシリンジ製剤が使用されています。2010年に富士フイルムRIファーマ株式会社(現富士フイルム富山化学株式会社)がバイエル社との契約のもと、「プロスコープ®」の後発品として「イオプロミド注「FRI」」の販売名でバイアル製剤とシリンジ製剤を発売しました。
バイエル薬品株式会社は、2021年4月1日に富士フイルム富山化学株式会社から「イオプロミド注「FRI」」の製造販売承認を承継し、販売名を「イオプロミド注「BYL」」に変更しました。

製品の特徴及び有用性

  1. Ultravist®と原薬・添加物・製造方法が同一のジェネリック

    イオプロミド注「BYL」は、ドイツのバイエル社で生産された非イオン性ヨード造影剤で、Ultravist®を製造しているバイエル社の工場で、同一原料、工程により生産されています。Ultravist®とイオプロミド原薬・ヨード・添加物・製造方法が同一のジェネリック医薬品です。

  2. 低浸透圧・低粘稠度の非イオン性ヨード造影剤

  3. ガラス製プレフィルドシリンジを採用(イオプロミド注シリンジ「BYL」)

    イオパミロン®注シリンジと同じ形状・材質のガラス製シリンジを採用しています。

  4. ICタグを装着し,CT用自動注入器で使用可能(イオプロミド注シリンジ「BYL」)

製品基本情報

効能・効果、用法・用量、警告、禁忌等を含む使用上の注意、用法・用量に関連する使用上の注意につきましては、製剤 の添付文書をご参照ください。

動画ライブラリ

会員限定コンテンツ

イオプロミド「BYL」ワンポイント文献紹介 ①

132,012例の患者さんを対象とした3つの非介入試験の統合解析結果をご紹介します。

動画データ:04:28

PP-IOPR-JP-0004-21-05

詳細をみる

会員限定コンテンツ

イオプロミド「BYL」ワンポイント文献紹介 ②

『イオプロミドの動脈内投与と静脈内投与後の過敏反応リスク』の文献をご紹介します。

動画データ:05:52

PP-IOPR-JP-0005-21-05

詳細をみる

会員限定コンテンツ

イオプロミド「BYL」ワンポイント文献紹介 ③

『造影剤腎症のリスクが高い患者におけるヨード造影剤の血管内投与から腎機能を保護するための予防的水分補給 AMACING試験』についての文献をご紹介します。

動画データ:07:36

PP-IOPR-JP-0020-23-05

詳細をみる