MRXperion

MRXperionは革新的テクノロジーを装備した3テスラMRIに対応したglobalスタンダード。
その実績が信頼と安心をもたらします。

※2019年10月現在、全世界のMR検査室に1,700台以上設置

MRXperion

合理化された注入ワークフロー

  • シリンジの準備作業を自動化することにより、短時間で効率的に実施可能
  • 操作を標準化することで、清潔操作が確保され、インシデントを防止
  • ヘッド上のボタン操作によって、KVO(点滴機能)およびルート確認用の生食テスト注入が可能となり、安全に検査を実施できます

情報管理機能の向上

  • 注入履歴の管理機能を標準で搭載
  • RIS/PACSとの接続によって、患者情報を合わせて管理することが可能
  • Radimetricsと接続することで、造影検査情報の一元管理、さらには被検者ごとに線量管理を含めた Total dose management が可能
情報管理機能の向上

強化された Point of Care 機能

  • 注入圧をリアルタイムでグラフ表示することで、検査の安全性をより強化
  • オンボード上でeGFR、体重補正投与量を計算することが可能
  • ユニット本体に注入履歴が自動保存され、webブラウザを介して管理することが可能
強化された Point of Care 機能

充実したサポート機能

  • シリンジ製剤に対応した専用アダプタを提供
  • 115mL生食シリンジの採用により、長時間のKVO、充分量の生食後押しに対応
  • Networkを介したリモートサポートシステム(VirtualCare)により、迅速なサービス提供が可能
充実したサポート機能
PP-M-MRX-JP-0017-16-01