肝臓MR画像における肝区域

肝細胞癌を診る

- 内科医のための肝臓MRI入門

肝臓MR画像における肝区域

肝臓MR画像の読影手順

 読影レポートに記された肝細胞癌を画像上で効率的に特定するためには、MR画像における肝区域、特に病変の存在位置の表記に用いられるCouinaud分類による肝区域を断層面で理解しておく必要がある。MR画像はCTよりもコントラストがよく、肝臓内を走行する血管も明瞭に描出されるため、血管の走行をもとに肝区域を特定する。

 肝細胞造影相の横断像上に大まかな肝区域の境界を記す。

肝臓MR画像の読影手順