バイエル画像検査室

バイエル画像検査室

知っていれば役立つ「マメ知識」、
「学会で入手した情報」を、
4人の放射線科スタッフがお届けします。

血管造影室

心血管造影にデュアルヘッドインジェクタ時代の到来!

心血管造影対応のインジェクタは同時注入できますか?

デュアルヘッドを採用した新しいインジェクタは造影剤と生理食塩液の同時注入ができます。

心血管造影にデュアルヘッドインジェクタ時代の到来!

循環器用 X 線血管撮影装置はフラットパネル検出器の搭載がスタンダードとなり、視野サイズ、解像度、ダイナミックレンジ、画像処理技術など、画像の描出能力は飛躍的な進歩を遂げています。心血管インターベンション領域は、ハイブリッド手術室での TAVI/TAVR など新しいデバイスによる治療や、⻑時間の手技が必要となる CTO(慢性完全閉塞)病変を対象とした治療手法の導入など、術式の進歩や多様化が進んでいます。

デュアルヘッドを搭載した心血管造影対応のインジェクタ Arcatena は、造影剤と生理食塩液を任意の混和レートで注入できる同時注入機能が搭載され、生理食塩液でのハイフローフラッシュ機能、心血管造影の可変速注入においても同時注入が可能なインジェクタです。

注入をコントロールするバリアブルハンドスイッチは、人間工学に基づいたデザインを採用しており、用手的に注入するような感覚で使用することができ、また 60 段階の注入速度制御により、正確かつ自在に造影剤注入をコントロールできます。さらに、ハンドスイッチのワイヤレス化により、術者の操作範囲が制限されず、カテ台上の清潔な環境を維持することができます。

また Arcatena は、直感的かつスピーディなセットアップを可能とするデザイン設計、気泡混入を監視するシステムなど、多彩な機能で術者をサポートします。
 

Arcatena は、これからの心血管造影において、造影剤注入だけではなく、同時注入や生理食塩液のハイフローフラッシュなどの選択肢が広がりますね。

Arcatena 製品ページへ

<インジェクタ本体>
販売名:造影剤注入装置 Arcatena
医療機器認証番号:301ABBZX00020000
製造販売元:株式会社根本杏林堂