原発性および続発性脳腫瘍患者におけるMRI用造影剤ガドブトロールとガドテリドールの盲検読影による同一患者,無作為化比較

Intra-individual, Randomised Comparison of the MRI Contrast Agents Gadobutrol versus Gadoteridol in Patients with Primary and Secondary Brain Tumours, Evaluated in a Blinded Read. Koenig M, et al. Eur Radiol 2013;23:3287-3295.
利益相反:本研究は, バイエル社の資金提供により実施された.

効能・効果,用法・用量,警告,禁忌,原則禁忌を含む使用上の注意については,添付文書をご参照ください.


Point of Article

 本試験は,ガドブトロールおよびガドテリドールによる脳腫瘍の造影MRIでの比較を目的とした,単一施設での同一患者クロスオーバー比較試験である.本試験では,ガドブトロールとガドテリドールの定性的評価および定量的評価に基づき,両者の比較を行った.その結果,ガドブトロールの脳腫瘍に対する良好な造影効果が確認された.

試験概要

対 象 2008年7月~2010年5月の間,ドイツの単一施設において,中枢神経系病変を有する術前の頭部MRI検査が予定された患者59例が登録された(プロトコール適合集団:44例,全解析集団:51例).
試験デザイン 前向き,単一施設,無作為化,クロスオーバー,ガドテリドール対照
試験方法 投与方法:ガドブトロール0.1mmol/kgおよびガドテリドール0.1mmol/kgを自動注入器により2mL/秒で静脈内投与後,少なくとも生食20mLをフラッシュした.
造影剤の投与順序:最初に,いずれかの造影剤を投与し,その後12時間~7日の間隔を空けてクロスオーバーに他方の造影剤を投与した.
MRI装置:1.5T(Siemens社製 MAGNETOM Avanto)
撮像法:造影剤投与後,T1 FLASH,MPRAGE,T1 SE,T1 FLASHの順で撮像を行った().
評 価 主要評価項目:造影効果(定性評価)
画像評価は,2名の読影医が別々に盲検下で行った.同一患者の両造影剤による造影画像を比較し,いずれかの画像がもう一方より,“優れる”,“同等”,“劣る”と評価した.
副次評価項目:➀造影検査としての総合評価,➁診断の質(Diagnstic Quality)に関する総合評価,➂各撮像法別に,1)病変の描出,2)病変と正常組織との境界,3)病変の内部構造,についてそれぞれ上記3段階で評価した(定性評価).そのほか,➃病変と正常脳組織の信号雑音比(SNR)およびコントラスト雑音比(CNR)に関する評価を行った(定量評価).

本試験におけるワークフローとMRI撮像法

図 本試験におけるワークフローとMRI撮像法

原発性および続発性脳腫瘍患者におけるMRI用造影剤ガドブトロールとガドテリドールの盲検読影による同一患者,無作為化比較

主要評価項目:造影効果(定性評価)

 プロトコール適合集団44例の解析では,読影医2名とも68%の画像でガドブトロールが“優れる”と判定した(p=0.0226,p=0.005,two-sided sign test).全解析集団51例の解析では,読影医1が69%,読影医2が67%の画像で,ガドブトロールが“優れる”と判定した(p=0.0110,p=0.0002,two-sided sign test).いずれの解析集団でも,ガドブトロールの画像で“優れる”の評価が多かった(表1).

副次評価項目:造影検査としての総合評価および診断の質に関する総合評価の比較(定性評価)

 プロトコール適合集団44例の解析において,造影検査としての総合評価に関しては,読影医1が70%,読影医2が68%でガドブトロールが“優れる”と評価した(p=0.0096,p=0.0005,two-sided sign test)(表2).また,診断の質に関する総合評価に関しては,読影医1が70%,読影医2が34%で,ガドブトロールが“優れる”と評価した(p=0.0096,p=0.0075,two-sided sign test)(表3).いずれもガドブトロールが“優れる”の比率が有意に高かった.また,全解析集団においても同様の結果であった.

副次評価項目:各撮像法別の造影効果の評価(定性評価)

 各撮像法別の病変の評価(描出,正常組織との境界,内部構造)では,T1 FLASH(1回目)を除き,MPRAGE,T1 SE,T1 FLASH(2回目)では,いずれもガドブトロールの画像が“優れる”の比率が高かった(表4).

表1 ガドブトロールとガドテリドールの造影効果の評価(主要評価項目)

解析集団 評価者 例数 画像が“優れる”と評価された例数(%) p値a
ガドテリドール 同等 ガドブトロール
プロトコール適合集団 読影医1 44 14(32%) 0(0%) 30(68%) 0.0226
読影医2 44 8(18%) 6(14%) 30(68%) 0.0005
全解析集団 読影医1 51 16(31%) 0(0%) 35(69%) 0.0110
読影医2 51 9(18%) 8(16%) 34(67%) 0.0002

a two-sided sign test.

Copyright © European Society of Radiology 2013

副次評価項目:病変と正常脳組織のSNRおよびCNRの比較(定量評価)

 撮像法別の造影画像による病変-脳組織コントラスト雑音比(CNR)は,読影医2名とも,MPRAGE(ΔLBC=3.89;p=0.0186),T1 SE(ΔLBC=10.59;p=0.0077),T1 FLASH(2回目)(ΔLBC=11.15;p=0.0021)でガドブトロールが有意に優れると評価され,T1 FLASH(1回目)では差はなかった.病変の信号雑音比(SNR)は,読影医2名とも,T1 FLASH(2回目)でガドブトロールが有意に高値(p=0.0087)を示したが,その他では有意差は認められなかった.

LBC:lesion-to-brain contrast

表2 造影検査としての総合評価(副次評価項目)

解析集団 評価者 例数 画像が“優れる”と評価された例数(%) p値a
ガドテリドール 同等 ガドブトロール
プロトコール適合集団 読影医1 44 13(30%) 0(0%) 31(70%) 0.0096
読影医2 44 8(18%) 6(14%) 30(68%) 0.0005
全解析集団 読影医1 51 15(29%) 0(0%) 36(71%) 0.0046
読影医2 51 9(18%) 8(16%) 34(67%) 0.0002

a two-sided sign test.

Copyright © European Society of Radiology 2013

表3 診断の質に関する総合評価(副次評価項目)

解析集団 評価者 例数 画像が“優れる”と評価された例数(%) p値a
ガドテリドール 同等 ガドブトロール
プロトコール適合集団 読影医1 44 13(30%) 0(0%) 31(70%) 0.0096
読影医2 44 3(7%) 26(59%) 15(34%) 0.0075
全解析集団 読影医1 51 15(29%) 0(0%) 36(71%) 0.0046
読影医2 51 3(6%) 30(59%) 18(35%) 0.0015

a two-sided sign test.

Copyright © European Society of Radiology 2013

原発性および続発性脳腫瘍患者におけるMRI用造影剤ガドブトロールとガドテリドールの盲検読影による同一患者,無作為化比較

安全性

 安全性解析集団59例において,予期しない有害事象や重篤な有害事象は発現しなかった.

表4 各撮像法別の評価(主要評価項目および副次評価項目)

撮像法 解析集団 病変の特性
造影効果 病変の描出 病変と正常組織との境界 病変の内部構造
T1 FLASH(1回目) プロトコール適合集団 0.51(0.35; 0.66) 0.56(0.39; 0.71) 0.55(0.38; 0.71) 0.56(0.39; 0.72)
全解析集団 0.53(0.38; 0.68) 0.57(0.41; 0.72) 0.57(0.41; 0.72) 0.58(0.42; 0.73)
MPRAGE プロトコール適合集団 0.72(0.57; 0.83)a 0.70(0.55; 0.82)a 0.70(0.55; 0.82)a 0.70(0.55; 0.82)a
全解析集団 0.74(0.61; 0.84)a 0.73(0.59; 0.83)a 0.72(0.58; 0.83)a 0.73(0.59; 0.83)a
T1 SE プロトコール適合集団 0.79(0.66; 0.88)a 0.80(0.66; 0.89)a 0.79(0.65; 0.88)a 0.81(0.68; 0.90)a
全解析集団 0.80(0.68; 0.88)a 0.81(0.68; 0.89)a 0.80(0.67; 0.89)a 0.82(0.70; 0.90)a
T1 FLASH(2回目) プロトコール適合集団 0.76(0.61; 0.86)a 0.76(0.62; 0.86)a 0.75(0.61; 0.85)a 0.77(0.64; 0.87)a
全解析集団 0.78(0.64; 0.87)a 0.77(0.64; 0.86)a 0.76(0.63; 0.86)a 0.78(0.65; 0.87)a

数値は,ガドブトロールが“優れる”とされた画像の比率(95%信頼区間)を示す.
a ガドブトロールが優位であることを示す.

Copyright © European Society of Radiology 2013

結 論

 脳腫瘍の造影MRIにおいて,ガドブトロール0.1mmol/kgとガドテリドール0.1mmol/kgの定性的および定量的評価に基づき,両者の比較を行った.その結果,ガドブトロール0.1mmol/kgは良好な造影効果を示すことが確認された.ガドブトロールは,脳腫瘍の診断と治療選択に関し,より豊富な情報を提供すると考えられる.

PP-GAD-JP-0442-20-11