バイエル画像検査室

知っていれば役立つ「マメ知識」、「学会で入手した情報」を、
4人の室員がお届けします。

CT室 検査

線量管理システムと造影情報管理

造影CT検査時の注入プロトコルの見直し作業はすすんでいますか?

Radimetricsの造影情報を管理できる機能で検査毎の造影結果を分析しているところです。

線量管理システムと造影情報管理 1

CT用インジェクタStellant with Certegra Workstationは、造影剤の注入情報を自動保存できるため手入力の必要が無く、忙しいCT室での作業が増えず正確な情報が保存できる機能があります。

医療放射線情報一元管理システムであるRadimetricsを活用することで、検査時の線量情報とStellant with Certegra Workstationの造影情報が確認できます(オプション機能)。

Radimetricsは、インジェクタの注入プロトコル・注入開始終了時間・造影剤情報・操作者・依頼者情報・注入プロトコルと注入結果を自動保存し、注入圧力・注入速度の時系列グラフを自動作成します。線量管理機能を組み合わせることで、CTの撮影プロトコルなどの検査情報と造影情報を併せて確認できます。また、これらの造影検査データは、ダッシュボード機能を使用して、統計グラフの作成、データの分析や抽出をすることができます。これらの機能を活用することで、例えば注入プロトコルの使用回数グラフを用いて注入プロトコル毎に使用頻度の分析や、造影剤濃度の使用頻度を被検者体型毎に集計できるグラフを確認することで造影検査プロトコルの最適化に役立てることができます。

線量管理システムと造影情報管理 2

造影検査情報の保存だけでなく、簡単にグラフ作成や分析ができる機能を有した線量管理システムを、これからの造影検査や研究に使用されてはいかがでしょう。

※本機能はRadimetricsのオプション機能であり、対応機種は弊社CT用インジェクタStellant with Certegra Workstationとなります。

PP-M-STE-JP-0029-28-02