患者さんの不安軽減に向けての患者調査


From Research > To Value: 患者さんに寄り添うために

調査によると、画像診断検査について十分に説明を受けた患者さんの方が、モーションアーチファクト1,2が少ないため、質の高い診断画像を得られる可能性が高いことが分かっています。
検査前に患者さんが十分な説明を受けていると、検査に対する心構えができ、検査中の指示(普段通りに呼吸する、落ち着くなど)にも従いやすくなります。

バイエル薬品は、適切な治療に向けた診断、そして患者さんの検査に対する不安や不満を取り除くためのサポートをしたいと考えています。
このドイツ・バイエル社による世界主要各国にわたるアンケート調査は、検査の事前説明の重要性や、患者さんのアンメットニーズに対応するためのヒントを皆様に提供します。

キークエスチョン

患者さんは、検査について実際にどのように感じているのでしょうか?

キークエスチョン

*過去12か月の間にCTまたはMRI検査を受けた患者さん。患者さんの一部は、造影剤を投与した検査を受けています。

アンケート調査に伴うオンラインインタビューでわかったこと:

アンケート調査に伴うオンラインインタビューでわかったこと:

患者数151人 患者数151人

From Anxiety > To Relief: 感情の急激な変化

MRI検査やCT検査を受ける患者さんの気持ちは急激に変化します

検査の前

検査の前

検査の前

検査の後

検査の後

検査の後


「検査を受ける前は不安でした。検査を受けている間、うるさくて狭い空間で長時間じっと横になっていなければならないのが辛かったです。
でも、検査が終わった後は、特に何も心配するようなことはありませんでした」
- 日本の患者さん

MRI検査やCT検査を受ける患者さんの気持ちは急激に変化します

From Price > To Value:

患者さんはCT、MRI検査に大きな価値を見出しています。
造影CT・MRI検査を受けた患者さんは、実際にかかると思った検査費用の約半額を自己負担してもよいと回答しました

From Price > To Value

患者さんの17%が、検査の前にもっと情報が欲しいと回答しています。
感情の急激な変化

CT検査を受けた患者さんの54%とMRI検査を受けた患者さんの68%が、検査について概ね満足していますが、改善を求めている部分もあります。

感情の急激な変化

患者さんの17%が、検査の前にもっと情報が欲しいと回答しています。

患者さんに一対一で直接説明することが何よりも重要です。


患者さんに一対一で直接説明することが何よりも重要です。

患者さんとの良いコミュニケーションの例:

「検査の前はちょっと不安でしたが、担当のお医者様の穏やかで的を射たご指示のおかげで、落ち着いて検査を終えることができました」
- 日本の患者さん


From Waiting Time > To Preparation:

待ち時間を利用して、患者満足度と検査の質を向上させる

患者さんは待ち時間の長さをどう感じているのでしょうか?

患者さんは待ち時間の長さをどう感じているのでしょうか?

患者さんは待ち時間の長さをどう感じているのでしょうか?

待ち時間を有効活用していただく為に、バイエル薬品は上記の患者さん向け動画を新たに作成しました。CT検査、MRI検査における基本的な情報を簡潔にお届けします。


From Country > To Country: 文化的な相違点と類似点

世界中の患者さんが、検査の前にもっと情報が欲しいと答えています。
しかし、患者さんが希望する情報の提供方法は、国によって異なります。

世界各国で患者さんが希望する情報の提供方法

世界各国で患者さんが希望する情報の提供方法

調査結果から実践へ 患者教育をサポートするために

バイエル薬品は、 人々の生活の改善に貢献する企業として、 患者教育の重要性を強く認識しています。
今回のアンケート結果によると、4人に1人の患者さんが電子的なサポートを、2人に1人の患者さんが対面式での事前説明を希望していることが明らかになりました。

このような患者さんのニーズに基づき、我々バイエル薬品は下記の患者向け資材を作成しています。

調査結果から実践へ 患者教育をサポートするために

バイエル薬品は造影剤だけでなく、インジェクターや放射線量管理ソフトウェア、それに伴うメンテナンスサービスなど、幅広いサポートを提供しています。どの機器やサービスも、業務を効率化し患者さんとの大切なコミュニケーションの時間を増やすことを目的に開発されたものです。

参考文献

  1. Törnqvist E, Månsson Å, Larsson E-M , Hallström I. Impact of extended written information on patient anxiety and image motion artifacts during magnetic resonance imaging.Acta Radiol.2006; 5: 474-80.
  2. Powell R, Ahmad M, Gilbert FJ, Brian D, Johnston M. Improving magnetic resonance imaging (MRI) examinations: Development and evaluation of an intervention to reduce movement in scanners and facilitate scan completion.British Journal of Health Psychology 2015; 20(3): 449-465.

CT検査とMRI検査の説明用動画

CT検査をお受けになる患者さんへ

MRI検査をお受けになる患者さんへ

PP-PF-RAD-JP-0196-22-04