イソビスト®注300を用いた子宮卵管造影検査に おいて読影しやすい画像を得た症例

ご紹介する症例は臨床症例の一部を紹介したものであり、全ての症例が同様の結果を示すわけではありません

水溶性造影剤を用いた子宮卵管造影検査における撮像法の工夫

子宮卵管造影法は,不妊症における子宮,卵管の器質的異常や疎通性を確認するスクリーニング検査であり,油性造影剤あるいは水溶性造影剤が用いられる.水溶性造影剤は,血管内に入って塞栓を生じたり,長期に残存して異物肉芽腫や癒着を起こす恐れがなく,1日で診断可能といった特性を有する1).今回,水溶性造影剤であるイソビスト®注300を用いた撮像法を工夫したところ,より読影しやすい画像が得られたので,その症例について報告する.

イソビスト®注300による子宮卵管造影

通常,成人1回6~10mLを導管より子宮腔内に注入する.なお,年齢,体重,撮影部位の大きさにより適宜増減する.

撮影タイミング コメント 造影剤量,時間
❶ 子宮・卵管陰影確認直後 腹腔陰影と重ならず卵管陰影
からの情報が得られる
3~5mL程度
❷ 腹腔内流入確認,拡散開始直後 卵管周囲の情報が得られる 全量で10mL程度
❸ 側面撮影
 (注入終了後,子宮に造影剤が残存している間に撮影)
子宮の位置関係,ダグラス窩の
状況の観察
子宮内に残存する造影剤の吸引除去(可及的範囲)  
❹ 終末撮影 腹腔内での広がりをみる (水溶性)
5~10分後

症例 ① X線透視装置のコントラストを事前に上げる

医療法人 正育会 春木レディースクリニック

春木 篤 先生

注入直後

注入直後

右卵管は卵管峡部で閉塞,左卵管も卵管峡部周囲の壁が不正であり,卵管周囲癒着を疑わせる所見であった.

注入5分後

注入5分後

注入圧を上げたが,依然として右卵管は卵管峡部で閉塞.左卵管は疎通性が確認されたものの,卵管峡部にて高度の狭窄ありと診断した

撮像時の工夫

撮影時の X 線透視装置のコントラストを事前に上げることにより,油性とほぼ同様の所見が得られ,狭窄部位や卵管周囲癒着などの読影も可能となる.

本検査の有用性

両側卵管ともに閉塞あるいは狭窄部位が明瞭に特定できたため,卵管鏡下卵管形成術の実施にあたり,事前にカテーテル操作のシミュレーションが可能であった.

症例 ② 画像拡大,白黒反転操作を行う

医療法人 啓樹会 西村ウイメンズクリニック

西村 満 先生

使用機種

スキャナー

東芝 BLR-100Aによるデジタル撮影

デジタル画像処理

FUJIFILM C@RNACORE(CC-WS674)

撮影画像

撮影画像

拡大後

isovist_06-04

白黒反転処理後

白黒反転処理後

画像解説と本検査の有用性<

両側卵管疎通性は良好,拡散も良好であった.読影にはほとんど支障なく,また白黒反転画像により読影しやすくなる場合があり,さらにズーム機能を用いることにより正確な読影が可能であった. 造影検査後の妊娠率はさほど低下した印象はない.腹腔内への造影剤の残留もなく,甲状腺機能への影響もほとんど見られない.ガラスシリンジの洗浄も容易である

子宮卵管造影検査で,機器の調整により見やすい画像を得る

今回紹介した症例では,① X線透視装置のコントラストを上げる ② 白黒反転,ズーム処理といった工夫を行うことで,より読影しやすい画像を得ることが可能になった. イソビスト®注300を用いた子宮卵管造影は,これらの工夫と以下に示す特性によって,よりよい画像診断に貢献できるものと考えられる.

微細な所見1日で診断
組織親和性が高いので,微細な所見が得られる拡散が速く1日で終末撮影まで行える
残像がない低リスク
吸収が速いため,長く造影剤の残像を残さない長期残留して肉芽腫や癒着を起こす心配がない
血管内に入っても塞栓を生じる恐れがない

栃木武一 : 日本産科婦人科学会埼玉地方部会誌 1992; 22(2): 260-264.より改変
1)栃木武一 : 日本産科婦人科学会埼玉地方部会誌 1992; 22(2): 260-264.