造影剤要覧

「造影剤要覧」は、造影検査をより効果的かつ安全に施行して戴くことを目的とし、国内で販売されているX線造影剤、MRI造影剤および超音波造影剤に関する基本的な情報として物理化学的性質、適応および使用法などを記載し、さらに造影剤の安全性情報として副作用の種類と頻度および副作用発現時の処置方法および造影剤の体内動態など、造影検査を実施する上で必要となる情報を集約し、造影検査を実施される医師、放射線技師、薬剤師、看護師をはじめとする多くの医療従事者に対して造影検査に関する情報を提供するために製作された冊子です。

本誌は1977年(昭和52年)に初版を発行以来、改訂を重ね現在の第28版(2011年発行)に至っています。
本ページでは「造影剤要覧」をOnlineにてお届けします

著者・監修:

吉川 公彦 先生(奈良県立医科大学 放射線医学教室 教授)
富山 憲幸 先生(大阪大学大学院医学系研究科 放射線統合医学講座 放射線医学 教授)

協力:

友田 要 先生(関西ろうさい病院 放射線診断部 第1部長)

監修等の先生方の御所属は、発行年当時のものです。

詳細はこちら

造影剤要覧