日獨医報 [第55巻第2号]

VORSCHLAG

アインシュタインとアメフト
村上卓道 (近畿大学医学部 放射線医学教室 放射線診断学部門 近畿大学医学部 高度先端総合医療センター )
日獨医報55(2): 4-5(2010)

特集
肝臓のEOB・プリモビスト造影MRI
-本検査を有効に活用するための理解すべき課題-
監修
松井修〔金沢大学大学院医学系研究科 経血管診療学(放射線医学)
IE6のブラウザでご覧頂いている場合、PDFダウンロードが正常にできないことがございます。
その場合はAdobe Readerを最新バージョンにインストールしてご覧下さい。
Adobe Reader(無償)最新バージョンのインストールはこちらから
Get ADOBE READER

序論

松井修(金沢大学大学院医学系研究科 経血管診療学(放射線医学))
日獨医報55(2): 6(2010)

1. EOB・プリモビスト造影MRI

−取り込みおよび排泄に関するトランスポーター−

北尾梓,蒲田敏文,小林聡,香田渉,小坂一斗,米田憲秀,松井修
(金沢大学大学院医学系研究科 経血管診療学)
全陽,中沼安二(金沢大学大学院医学系研究科 形態機能病理学)
山下竜也,金子周一(金沢大学大学院医学系研究科 恒常性制御学)
日獨医報55(2): 7-14(2010)

2. EOB・プリモビスト造影MRI

−最適な撮像タイミングによる動脈相評価−

山下康行,浪本智弘(熊本大学大学院生命科学研究部 放射線診断学分野)
日獨医報55(2): 15-26(2010)

3. EOB・プリモビスト造影MRI

−T2強調像,拡散強調像への影響−

齋藤和博,吉村宜高,赤田壮市,徳植公一(東京医科大学 放射線医学講座)
荒木洋一,勝山宏章,佐々木一良(東京医科大学 放射線部)
日獨医報55(2): 27-34(2010)

4. 肝細胞癌

4-1.肝細胞癌の病理

−多段階発癌の病理学的特徴−

坂元亨宇(慶應義塾大学医学部 病理学)
日獨医報55(2): 35-42(2010)

4-2.EOB・プリモビスト造影MRI

−境界病変・肝細胞癌の診断における役割−

市川智章(山梨大学医学部附属病院 放射線科)
日獨医報55(2): 43-54(2010)

4-3.肝細胞造影相でhypointensity を呈する乏血性結節(非濃染結節)のリスクについて

小川定信,川地俊明,船坂佳正,石川照芳(大垣市民病院 診療検査科)
熊田卓,豊田秀徳(大垣市民病院 消化器科)(大垣市民病院 放射線科)
日獨医報55(2): 55-62(2010)

5. EOB・プリモビスト造影MRI

−肝血管腫の診断−

五島聡,近藤浩史,渡邊春夫(岐阜大学医学部附属病院 放射線科)
兼松雅之(岐阜大学医学部附属病院 放射線科)(岐阜大学医学部附属病院 高次画像診断センター)
日獨医報55(2): 63-70(2010)

6. EOB・プリモビスト造影MRI

−肝細胞相で非典型的造影所見を示す症例−

大西裕満,金東石,堀雅敏,巽光朗, 坪山尚寛,中本篤,富山憲幸(大阪大学大学院医学系研究科 放射線統合医学講座 放射線医学講座)
日獨医報55(2): 71-82(2010)

7. EOB・プリモビスト造影MRI

−肝機能評価への可能性−

岡田真広,香川祐毅、熊野正士,今岡いずみ,石井一成,村上卓道(近畿大学医学部 放射線診断学講座)
勝部敬(島根大学医学部 放射線科)
兵頭朋子(近畿大学医学部 放射線診断学講座)(愛媛大学医学部 放射線科)
今井康陽(市立池田病院 消化器科)
工藤正俊(近畿大学医学部 消化器内科学講座)
日獨医報55(2):83-90(2010)

8. 肝細胞癌における画像診断のストラテジー

谷本伸弘,上野彰久(慶應義塾大学医学部 放射線診断科)
日獨医報55(2):91-96(2010)

第25回 乳腺画像診断勉強会

<症例報告>卵巣・卵管転移を契機に発見された浸潤性小葉癌の1 例
黒河内美佳、印牧義英(聖マリアンナ医科大学 放射線科)
日獨医報55(2):98-101(2010)

第26回 乳腺画像診断勉強会

<特別講演>仰臥位撮像乳房MRIの有用性
磯本一郎(長崎大学大学院 放射線診断治療学分野)
日獨医報55(2):103-116(2010)

<症例報告>乳腺悪性リンパ腫の1 例
白石昭彦、桑鶴良平(順天堂大学 放射線科)
荒川敦 (順天堂大学 病理)
日獨医報55(2):117-119(2010)

第27回 乳腺画像診断勉強会

<特別講演>MRI ガイド下生検-安全に行うには-
戸崎光宏(亀田メディカルセンター 乳腺センター/乳腺科)
日獨医報55(2):121-125(2010)

<指定講演>乳腺顆粒細胞腫の一例
五十嵐隆朗(東京慈恵会医科大学 放射線医学講座)
日獨医報55(2):126-130(2010)