日獨医報 [第50巻第4号]

VORSCHLAG

ロシア潜水艇を日本はなぜ救えなかったのか?
荒木力(山梨大学大学院医学工学総合研究部 放射線医学)
日獨医報50(4): 3-4(2005)

特集
拡散強調画像 最新画像温故知新
監修
平敷淳子(埼玉医科大学 放射線医学教室)
IE6のブラウザでご覧頂いている場合、PDFダウンロードが正常にできないことがございます。
その場合はAdobe Readerを最新バージョンにインストールしてご覧下さい。
Adobe Reader(無償)最新バージョンのインストールはこちらから
Get ADOBE READER

序論-「拡散強調画像 最新画像温故知新」を監修して

平敷淳子(埼玉医科大学 放射線医学教室)
日獨医報50(4): 5(2005)

1. Molecular Imaging of Targeted Pathways in Cancer

Chrit Moonen, Ph.D.(Laboratory for Molecular and Functional Imaging:From Physiology to Therapy, CNRS/University Victor Segalen Bordeaux)
日獨医報50(4): 6(2005)

2. 拡散強調像の基礎

増谷佳孝(東京大学医学部附属病院 放射線科 画像情報処理・解析研究室/東京大学大学院
医学系研究科 生体物理医学専攻)
日獨医報50(4): 7-17(2005)

3. DWIBSの基礎と拡散強調画像に影響を及ぼす因子
(パラメーターとartifactの低減)

室伊三男(東海大学医学部付属病院 診療技術部 放射線技術科)
高原太郎、今井裕(東海大学医学部 基盤診療学系 画像診断学)
日獨医報50(4):18-28(2005)

4. 頭部領域での拡散強調画像の臨床

佐々木真理(岩手医科大学 放射線科)
藤原俊朗(岩手医科大学 先端医療研究センター)
日獨医報50(4):29-36(2005)

5. 頭部領域での拡散画像の最新トピックス

岡田務、森暢幸、三木幸雄、富樫かおり〔京都大学大学院医学研究科 放射線医学講座(画像診断学・核医学)〕
日獨医報50(4):37-47(2005)

6. 骨軟部領域での拡散強調画像の臨床応用

長田周治、内田政史、早渕尚文(久留米大学病院 放射線科)
西村浩(福岡済生会二日市病院 放射線科)
日獨医報50(4):48-59(2005)

7. 血管病変の拡散強調画像

永山雅子、渡邊祐司、奥村明、天羽賢樹、菅剛、中谷航也、小田一成、吉田理佳、奥泉美奈、矢田晋作、石守崇好、百々義廣(倉敷中央病院 放射線科)
日獨医報50(4):60-71(2005)

8. 肝における拡散強調画像

原留弘樹、似鳥俊明(杏林大学医学部 放射線医学教室)
日獨医報50(4):72-85(2005)

9. DWIBS法の臨床-FDG-PETとの比較

落合礼次(古賀病院21 放射線科)
小林尚志(古賀クリニック)
吉田毅、北川マミ(古賀病院21 PET画像診断センター)
小野研、大曲淳一(新古賀病院 放射線科)
日獨医報50(4):86-91(2005)

<シリーズ掲載> 画像診断とIVRのための腹部血管解剖
【1】骨盤

日獨医報50(4):99-124(2005)

骨盤血管解剖:肉眼解剖と画像

I.骨盤内の動脈

執筆・シェーマ:
秋田恵一(東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科 臨床解剖学分野)
画像・執筆協力:
衣袋健司(三井記念病院 放射線科)
松井修、香田渉(金沢大学大学院医学系研究科 経血管診療学)

II.骨盤内の静脈

執筆・シェーマ:
森宣(大分大学 腫瘍病態制御講座 放射線医学)

THE IMAGING CASES

日獨医報50(4):125-136(2005)

1)中枢神経系

Case 1:
菅信一(北里大学医学部 放射線科学)/症例126頁・解答132頁
Case 2:
菅信一(北里大学医学部 放射線科学)/症例129頁・解答133頁

2)腹部領域

Case 3:
伊藤治彦、小嶋馨、山平 興、花岡昇平(東芝病院 画像診断部)
大友邦(東京大学 医学系研究科 放射線診断学)/症例130頁・解答135頁
Case 4:
伊藤治彦、小嶋馨、山平 興、花岡昇平(東芝病院 画像診断部)
大友邦(東京大学 医学系研究科 放射線診断学)/症例131頁・解答136頁

放射線発見の旅

大場覚(名古屋市立大学名誉教授)
日獨医報50(4):137-161(2005)

第97回日本シネアンジオ研究会論文集

1) 当院におけるCYPHER® Stentの短期成績についての検討
小松孝昭、長谷川耕太郎、杉藪康憲、塚越正樹、菊池正(石心会狭山病院 循環器科)
日獨医報50(4):163-164(2005)

2)PTAにて治療し得た腹部大動脈高度狭窄の1例
平野周太、榊原雅義、奥野友信、西本正興、武市俊夫、香山大輔、松尾晴海、森井健、清水陽一(新葛飾病院 循環器内科)
日獨医報50(4):165-167(2005)