日獨医報 [第50巻第3号]

VORSCHLAG

空白の2年間
南 学(筑波大学 臨床医学系・放射線医学)
日獨医報50(3): 3(2005)

特集
医療環境の変化に対して放射線診療は今後どう対応すべきか-
画像診断を中心に
監修
本田浩(九州大学大学院医学研究院 臨床放射線科学)
IE6のブラウザでご覧頂いている場合、PDFダウンロードが正常にできないことがございます。
その場合はAdobe Readerを最新バージョンにインストールしてご覧下さい。
Adobe Reader(無償)最新バージョンのインストールはこちらから
Get ADOBE READER

序論 変革期における病院経営と放射線科

本田浩(九州大学大学院医学研究院 臨床放射線科学)
日獨医報50(3): 4-5(2005)

高度画像診断機器導入による画像診断へのインパクト
-医療制度の変化を踏まえて

1. 超高磁場MRIのインパクト(3T MRIを含めて)
-脳を中心として

中田力(新潟大学脳研究所・統合脳機能研究センター)
日獨医報50(3): 6-18(2005)

2. 超高磁場MRIのインパクト(3T MRIを含めて)
-脳以外への活用方法

長縄慎二(名古屋大学大学院医学系研究科 分子総合医学専攻 高次医用科学講座 量子医学分野)
日獨医報50(3): 19-29(2005)

3. マルチスライスCTのインパクト
-心臓を中心として
64列マルチスライスCTによる心臓CTの動向

安野泰史(藤田保健衛生大学衛生学部 診療放射線技術学科)
日獨医報50(3): 30-39(2005)

4. マルチスライスCTが放射線診療に与えるインパクト-心臓以外の領域-

陣崎雅弘、佐藤浩三、藤原広和、栗林幸夫(慶應義塾大学病院 放射線診断科)
日獨医報50(3): 40-46(2005)

5. PET/CTのインパクト-全身検索を中心として

雫石一也、李進(横浜市立大学附属病院 放射線科)
井上登美夫(横浜市立大学大学院医学研究科 放射線医学)
日獨医報50(3): 47-57(2005)

6. 臓器特異性MRI造影剤による画像診断へのインパクト
:今後の展望も含めて

吉満研吾、中山智博、柿原大輔、入江裕之、田嶋強、浅山良樹、平川雅和、石神康生、本田浩
(九州大学大学院医学研究院 臨床放射線科学)
日獨医報50(3): 58-69(2005)

7. 放射線科と院内システム

-完全フィルムレスPACS構築の経験を踏まえて-

西谷弘、上野淳二、米田和英(徳島大学病院 放射線部)
山本勇一郎(大阪大学医学部附属病院 医療情報部)
日獨医報50(3): 70-78(2005)

8. DPCをにらんだ放射線科の貢献

-地域医療への貢献の意義-

井田正博、吉廣昭子(都立荏原病院 放射線科)
日獨医報50(3): 79-84(2005)

9. 放射線科と遠隔画像診断
-クオリティコントロールを含めて

中田肇(株式会社ネット・メディカルセンター)
本田浩(九州大学大学院医学研究院 臨床放射線科学)
日獨医報50(3): 85-88(2005)

座談会「放射線科医の今後のあり方-大学病院経営と放射線科(画像診断センターの構想)」

日獨医報50(3): 89-101(2005)

司会
本田浩(九州大学大学院医学研究院 臨床放射線科学)
大友邦(東京大学大学院医学系研究科 放射線診断学)
金澤右(岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 放射線医学)
澁谷均(東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科 腫瘍放射線医学分野)
杉村和朗(神戸大学大学院医学系研究科 生体情報医学講座 放射線医学分野)
(五十音順)

THE IMAGING CASES

日獨医報50(3): 102-119(2005)

1)胸部および心大血管領域

Case 1:
岡田宗正、松永尚文(山口大学 放射線科)/症例103頁・解答108頁
Case 2:
岡田宗正、松永尚文(山口大学 放射線科)/症例104頁・解答111頁

2)骨軟部領域

Case 1:
辰野聡(東京歯科大学市川総合病院 放射線科)、福田国彦(東京慈恵会医科大学 放射線医学講座)/症例105頁・解答114頁
Case 2:
辰野聡(東京歯科大学市川総合病院 放射線科)、福田国彦(東京慈恵会医科大学 放射線医学講座)/症例107頁・解答117頁

第96回日本シネアンジオ研究会論文集

冠攣縮性狭心症(VSA)における99m Tc-MIBI WORの有用性-治療効果判定の面から
井添洋輔、末田章三、福田浩(済生会西条病院 循環器内科)
日獨医報50(3): 121-122(2005)