日獨医報 [第49巻第1号]

VORSCHLAG

放射線科とかまきり
本田浩(九州大学大学院医学研究院 臨床放射線科学)
日獨医報49(1): 4(2004)

特集
肝腫瘍の診断と治療-転移性肝腫瘍を中心としたフェルカルボトランを用いた造影MRIの臨床的意義
監修
中村仁信〔大阪大学大学院医学系研究科 医用制御工学講座 画像応用治療分野(放射線医学)〕
IE6のブラウザでご覧頂いている場合、PDFダウンロードが正常にできないことがございます。
その場合はAdobe Readerを最新バージョンにインストールしてご覧下さい。
Adobe Reader(無償)最新バージョンのインストールはこちらから
Get ADOBE READER

序論

中村仁信〔大阪大学大学院医学系研究科 医用制御工学講座 画像応用治療分野(放射線医学)〕
日獨医報49(1): 7(2004)

1. SPIO造影剤の基礎

加藤直樹(日本シエーリング株式会社 前臨床開発部)
吉瀬哲(日本シエーリング株式会社 診断薬・放射線医薬品ビジネスユニット)
日獨医報49(1): 8-14(2004)

2. 肝腫瘍における病理とSPIO造影MRIの対比について

廣橋伸治、廣橋里奈、北野悟、森本賢吾、山本清誠、丸上永晃、上田耕司、吉川公彦(奈良県立医科大学 放射線医学教室)
日獨医報49(1): 15-22(2004)

3. 転移性肝腫瘍患者におけるフェルカルボトラン造影MRIの使用経験:マルチスライスCTとの比較

村上卓道、堀雅敏、金東石、大西裕満、中田早紀、安部久志、桑原雅知、大須賀慶悟、友田要、中村仁信〔(大阪大学大学院医学系研究科 医用制御工学講座 画像応用治療分野)(放射線医学)〕
畑澤順(大阪大学大学院医学系研究科 生体情報医学講座 トレーサー情報解析学)
日獨医報49(1): 23-31(2004)

4. 中磁場装置を用いたフェルカルボトラン造影MRIの使用経験

森健作(筑波大学臨床医学系 放射線医学)
日獨医報49(1): 32-39(2004)

5. フェルカルボトラン造影MRIのための撮像シーケンス

-フェルカルボトラン造影MRIのための最適なTR/TE/FAの選択

谷本伸弘(慶應義塾大学医学部 放射線診断科)
日獨医報49(1): 40-51(2004)

6. 転移性肝腫瘍の動注化学療法の現状とSPIO造影MRIによる評価

長尾美津男、中島祥介(奈良県立医科大学 第一外科)
廣橋伸治、阪口浩(奈良県立医科大学 放射線医学教室)
日獨医報49(1): 52-57(2004)

7. 転移性肝癌に対するアブレーション治療-SPIO造影MRIの役割

若林剛、田邊稔、上田政和、島津元秀、河地茂行、北島政樹(慶応義塾大学医学部 外科)
日獨医報49(1): 58-66(2004)

8. 大腸癌肝転移の外科的治療におけるSPIO-MRIの意義

高橋慶一、山口達郎、松本寛、宮本英典、嶋田善久(東京都立駒込病院 外科)
鎌田憲子(東京都立駒込病院 放射線科)
森武生(東京都立駒込病院 院長)
日獨医報49(1): 67-73(2004)

THE IMAGING CASES

日獨医報49(1): 76-89(2004)

1)中枢神経系

Case 1:
石山綾、安達真人、細矢貴亮(山形大学医学部 環境病態統御学講座 映像解析制御学分野)/症例77頁・解答84頁
Case 2:
鹿戸将史、安達真人、細矢貴亮(山形大学医学部 環境病態統御学講座 映像解析制御学分野)/症例79頁・解答86頁

2)腹部領域

Case 3:
魚住和史(東京大学医学部 放射線科)/症例81頁・解答88頁
Case 4:
魚住和史(東京大学医学部 放射線科)/症例82頁・解答89頁

第14回乳腺画像診断勉強会

1)<特別講演>乳房温存療法における放射線治療の役割
五味弘道(聖マリアンナ医科大学 放射線医学教室)
日獨医報49(1): 95-102(2004)

2)<症例検討会>Occult Breast Cancerの1例
関恒明(杏林大学医学部 放射線医学教室)
日獨医報49(1): 103-104(2004)

3)<症例検討会>腋窩リンパ節腫大の3例
佐藤奈都子、宮川国久(国立がんセンター中央病院 放射線診断部)
日獨医報49(1): 105-107(2004)

第17回腹部放射線研究会抄録集

日獨医報49(1): 140-164(2004)