LIR: Liver Imaging Review

肝臓MRI領域の文献情報をご提供いたします。
尚、このコンテンツは一部、制作当時の文面で記載されている箇所がございますが、ご了承下さい。

監修:

村上 卓道 先生(近畿大学 放射線医学教室 放射線診断学部門)
工藤 正俊 先生(近畿大学 医学部 消化器内科学教室)


Vol.6

Doctors' Comments

1. 慢性肝疾患でGd-EOB-DTPA取り込みを認めない乏血性肝細胞性結節の転帰

Outcome of hypovascular hepatic nodules revealing no gadoxetic acid uptake in patients with chronic liver disease. Motosugi U, et al. Journal of Magnetic Resonance Imaging 34:88-94, 2011

Point

  • Gd-EOB-DTPA造影MRI肝細胞造影相で低信号を呈した乏血性の135結節のうち、16結節が76~505日の間に多血化した。
  • Gd-EOB-DTPA造影MRI肝細胞造影相で低信号を呈した乏血性結節において、観察開始時の結節径と結節内の脂肪の存在が多血化の有意な予測因子(p<0.01 Logisticregression analysis)であり、径が10mmを超える結節および脂肪含有結節のKaplan-Meier法による1年累積多血化率はそれぞれ37.6%、26.5%であった。

2. Gd-EOB-DTPA造影MRI 肝細胞造影相のみで観察される低信号の肝細胞性結節の進展

Evolution of hypointense hepatocellular nodules observed only in the hepatobiliary phase of gadoxetate disodium-enhanced MRI. Kumada T, et al. American Journal of Roentgenology 197:58-63, 2011

Point

  • Gd-EOB-DTPA造影MRI動脈相で多血性所見を認めず、肝細胞造影相で低信号を呈した49結節のうち13結節(26.5%)が3.0~15.0ヵ月の間に多血性HCCに進行した。
  • Gd-EOB-DTPA造影MRI肝細胞造影相で低信号を呈する乏血性結節の多血化リスクが有意に高くなる結節径のカットオフ値は15mm以上であり、12ヵ月間で77.3%が多血性HCCに進行することが示された。

3. 古典的な多血性肝細胞癌への進行リスクが高い境界病変のGd-EOB-DTPA造影MRI画像所見

Gadolinium ethoxybenzyl diethylenetriamine pentaacetic Acid-enhanced magnetic resonance imaging findings of borderline lesions at high risk for progression to hypervascular classic hepatocellular carcinoma. Kobayashi S, et al. Journal of Computer Assisted Tomography 35:181-186, 2011

Point

  • 多血性fociを内包する病変(高リスク境界病変)の80.8%がGd-EOB-DTPA造影MRI肝細胞造影相で低信号、19.2%が等信号を示したが、低信号を呈した結節と等信号を呈した結節の平均最大径はいずれも13.7mmであり、有意差は認められなかった。
  • 高リスク境界病変は、Gd-EOB-DTPA造影MRI肝細胞造影相の信号強度にかかわらず、1~18ヵ月の間に約半数が多血化した。

Vol.5

Doctors' Comments

1. 組織学的に診断された肝細胞癌の造影パターン:Gd-EOB-DTPA造影MRIとフェルカルボトラン造影MRIとの比較

Comparison of enhancement patterns of histologically confirmed hepatocellular carcinoma between gadoxetate- and ferucarbotran-enhanced magnetic resonance imaging. Okada M, et alet al. Journal of Magnetic Resonance Imaging 32:903–913, 2010

Point

  • 高分化型HCCの多くがGd-EOB-DTPA造影MRI 肝細胞造影相で低信号を示した。
  • 高分化型HCCと肝実質とのコントラストは、Gd-EOB-DTPA造影MRIの方がフェルカルボトラン造影MRIよりも明瞭であった。
  • 多段階的に癌化するHCCの診断においてGd-EOB-DTPA造影MRIが標的とする肝細胞の取り込み機能は、フェルカルボトラン造影MRIが標的とするクッパー細胞の取り込み機能よりも感度が高かった。

2. 肝細胞癌の検出能におけるGd-EOB-DTPA造影MRIとGd-DTPA造影MRIとの比較

Diagnostic efficacy of gadoxetic acid-enhanced MRI in the detection of hepatocellular carcinomas: comparison with gadopentetate dimeglumine. Park G, et al. The British Journal of Radiology 83:1010–1016, 2010

Point

  • 2cm以下の多血性HCCにおいてGd-EOB-DTPA造影MRIとGd-DTPA造影MRIのAz値に有意差は認められなかったが、感度はGd-EOB-DTPA造影MRIで有意に高かった。
  • 2cm以下の多血性HCCにおいてGd-EOB-DTPA造影MRIの動脈相はGd-DTPA造影MRIと同程度の描出能を示し、門脈相、平衡相、肝細胞造影相のいずれかでGd-DTPA造影MRIよりも明瞭な低信号を得ることができた。

3. イメージガイド下治療を行った肝細胞癌の残存腫瘍評価における Gd-EOB-DTPA造影MRIと多時相MDCTとの比較

Gadoxetic acid-enhanced MRI versus multiphase multidetector row computed tomography for evaluating the viable tumor of hepatocellular carcinomas treated with image-guided tumor therapy. Hwang J, et al. Journal of Magnetic Resonance Imaging 32:629–638, 2010

Point

  • イメージガイド下治療後の残存腫瘍の評価において、Gd-EOB-DTPA造影MRIのAz値、正診率、感度、陰性反応的中度はMDCTに比べて有意に高かった。
  • MRIはヨード化油の影響を受けにくく、また、Gd-EOB-DTPA造影MRIの肝細胞造影相では血流動態の変化によるMR信号への影響が少ないことが確認された。

Vol.4

Doctors' Comments

1. 肝前癌病変および早期肝細胞癌に関する東西病理医の合意

East-West Pathology Agreement on Precancerous Liver Lesions and Early Hepatocellular Carcinoma Hepatology 49:355-357, 2009
Desmet VJ

2. 早期肝細胞癌の病理組織学的診断:肝細胞性結節に関する国際コンセンサスグループの報告

Pathologic Diagnosis of Early Hepatocellular Carcino ma: A Report of the International Consensus Group for He patocellular Neoplasia Hepatology 49:658-664, 2009
International Consensus Group for Hepatocellular Neoplasia

Point

  • HCCは、進行HCCと早期HCCに区別され、前癌病変であるdysplastic nodule(DN)はHGDNとLGDNに分類される。
  • 2cm未満の境界不明瞭な結節性病変でhypovascularなものは、エコーガイド下でコアニードル生検を実施すべきである。
  • 早期HCCの鑑別にもっとも有用な所見は、間質浸潤である。

3. OATP1B3の発現がGd-EOB-DTPAの肝細胞癌への集積を決定する

Expression of OATP1B3 Determines Uptake of Gd-EOB-DTPA in Hepatocellular Carcinoma Journal of Gastroenterology 44:793-798, 2009
Narita M, et al.

Point

  • 一部のHCCは、Gd-EOB-DTPA造影MRIの肝細胞造影相で等信号または高信号の病変として描出された。
  • Gd-EOB-DTPA造影MRIにおけるHCCのERは、OATP1B3の発現レベルと相関していた。

Vol.3

Doctors' Comments

1. ラットにおけるGd-EOB-DTPAと臨床医薬品との相互作用

Gadolinium-Ethoxybenzyl-Diethylenetriamine-Pentaacetic acid interaction with clinical drugs in rats Kato N, et al. Investigative Radiology 37:680-684, 2002

Point

  • ラットにおいてGd-EOB-DTPAをリファンピシンと併用すると、MRIにおける肝臓造影効果は低下する。
  • 肝造影効果の低下は、リファンピシンが類洞側肝細胞膜の有機アニオントランスポーターを競合的に阻害し、Gd-EOB-DTPAの肝細胞への取り込みが抑制された結果であると考えられた。

2. Gd-EOB-DTPA造影MRIによる局所肝機能評価

Evaluation of Regional Liver Function by Gadolinium -EOB-DTPA-Enhanced MR Imaging Shimizu J, et al. Digestive Diseases and Sciences 44:1330-1337, 199

Point

  • ラットにおいて60分間以上の虚血を受けた肝区域は、Gd-EOB-DTPA投与45分後のT1強調画像で高信号領域として明瞭に描出された。
  • ラット虚血葉におけるGd-EOB-DTPAの肝信号強度半減期は虚血時間と相関した。
  • ラットにおいてGd-EOB-DTPAの肝信号強度半減期と組織ATP濃度との間に有意な相関関係が認められた。
  • Gd-EOB-DTPAの肝細胞から胆道系への排泄にはATP濃度が影響していると考えられた。

マウス肝細胞癌のGd-EOB-DTPA奇異的取り込み:定量的画像解析

Paradoxic uptake of Gd-EOB-DTPA by hepatocellular carcinoma in mice: quantitative image analysis Fujita M, et al. JMRI 7:768-770, 1997

Point

  • Gd-EOB-DTPAは、通常は健常肺細胞に特異的に取り込まれるが、肝細胞癌に取り込まれて造影効果を発揮する場合がある。
  • マウスにおいてGd-EOB-DTPAの取り組みによって造影される肝細胞癌は高度から中程度に分化した癌であり、分化の程度と造影効果が認められる頻度との間に相関は認められなかった。

Vol.2

Doctors' Comments

1. 肝胆道系造影剤Gd-EOB-DTPAを用いた肝細胞癌造影画像の特徴

Imaging Characteristics of Hepatocellular Carcinoma Using the Hepatobiliary Contrast Agent Gd-EOB-DTPA Jung E, et al. Acta Radiologica 47 : 15-23, 2006

Point

  • 非造影MRIと比較して、Gd-EOB-DTPA造影MRIでは、悪性腫瘍あるいはHCCが正確に診断される割合が上昇した。スパイラルCTと比較しても同様の傾向がみられた。
  • Gd-EOB-DTPA造影MRIでは、肝細胞癌の造影効果は動脈相で最大となった。造影前後で描出される腫瘍の形態学的特徴に変化はなかった。

2. Gd-EOB-DTPA造影MRIにおける限局性肝病変の造影所見 : 病理組織学的所見およびスパイラルCTとの相関の初期経験

Enhancement of Focal Liver Lesions at Gadoxetic Acid-enhanced MR Imaging: Correlation with Histopathologic Findings and Spiral CT-Initial Observations Huppertz A, et al. Radiology 234: 468-478, 2005

Point

  • Gd-EOB-DTPA造影MRIの動脈相および門脈相での造影所見は、2相性CTの造影所見と概ね一致した。
  • Gd-EOB-DTPA造影MRIの肝細胞造影相では肝細胞に特異的な造影効果が得られ、肝細胞性腫瘍と非肝細胞性病変との鑑別に有用であった。
  • 肝細胞造影相とdynamic相の造影パターンを併用することにより肝細胞性腫瘍の分化度に関する情報が得られる可能性がある。

日本における肝細胞癌のマネージメント:日本肝臓学会が提案するコンセンサスに基づいた診療マニュアル

Management of Hepatocellular Carcinoma in Japan: Consensus-Based Clinical Practice Manural Proposed by the Japan Society of Hepatology Kudo M,et al. Oncology 72(Suppl 1):2-15, 2007

Point

  • 小さい肝癌が多数発見される日本では、欧米のものとは異なる独自の診断・治療指針が必要である。
  • 2007年に日本肝臓学会が発表した診療マニュアルは、日本の肝癌診療の実際に即しており、科学的根拠の有無にとらわれずに専門家のコンセンサスに基づいてまとめられたものである。

Vol.1

Doctors' Comments

1. 肝特異性造影剤を用いたMRIの有効性と安全性:米国多施設第Ⅲ相試験

Efficacy and safety of MR imaging with Liver-specific Contrast Agent: U.S. Multicenter Phase III Study Bluemke DA, et al. Radiology 237: 89-98, 2005

Point

  • Gd-EOB-DTPA造影後MRIは、造影前MRIに比べて、盲検読影者3人のうち2人で有意に良好な肝病巣検出感度を示した。
  • Gd-EOB-DTPA造影前MRIと造影後MRIを組み合わせると、ヘリカルCTに比べて、偽陽性が少なかった。
  • Gd-EOB-DTPAによる副作用は169例中10例(5.9%)であり、重篤なものはなかった。

2. MRIによる限局性肝病変検出の向上:Gd-EOB-DTPA造影MRIと術中所見の多施設比較

Improved Detection of Focal liver Lesions at MR Imaging: Multicenter Comparison of Gadoxetic Acid-enhanced MR Images with Intraoperative Findings Huppertz A, et al. Radiology 230: 266-275, 2004

Point

  • Gd-EOB-DTPA造影後MRIは、造影前MRIに比べて、肝病巣の検出・局在診断能を改善した。
  • Gd-EOB-DTPA造影後MRIでは、1cm未満の小病巣の検出が多かった。
  • Gd-EOB-DTPAの忍容性は良好であった。

3. 肝腫瘍の鑑別:肝特異性Gd-EOB-DTPA造影MRIと2相性造影CTの比較-多施設試験

Liver Tumor Characterization: Comparison between Liver-specific Gadoxetic Acid Disodium-enhanced MRI and Biphasic CT--a Multicenter Trial Halavaara J, et al. Journal of Computer Assisted Tomography 30:345-354, 2006

Point

  • Gd-EOB-DTPAを用いたMRIは2相性造影CTに比べて、有意に良好な病巣鑑別能を示した。
  • Gd-EOB-DTPAを用いたMRIは2相性造影CTに比べて、病巣分類能(良性か悪性か)も良好であった。
  • Gd-EOB-DTPAの忍容性は良好と考えられた。