レボビスト®注射用

超音波診断用造影剤
ガラクトース・パルミチン酸混合物(999:1)

現在、製品の供給を停止しております。大変ご迷惑をおかけしており申し訳ございません。

レボビスト®注射用

開発の経緯

レボビストは超音波診断用造影剤としてバイエル薬品で開発されたガラクトース・パルミチン酸混合物(999:1)を注射用水にて用時調製する懸濁性注射液です。

本剤は、ガラクトースの水への溶解に伴い発生する微小気泡のエコーシグナル反射作用により、超音波検査におけるシグナル増強効果を発現します。さらに界面活性作用を持つパルミチン酸の添加により微小気泡が安定化され、微小気泡が全身を循環することから、静脈内投与による右心腔・左心腔、および体内の種々の臓器・血管における造影超音波検査に使用できるようになりました。

本剤はドイツにおいて1989年から臨床試験が開始され、1996年に発売されました。本邦では、1989年より非臨床試験、1991年より臨床試験を開始し、1999年6月に医薬品として承認されました。

製品の特徴及び有用性

  1. レボビスト注射用は世界初の全身の超音波検査(心エコー図検査,ドプラ検査、子宮卵管エコー図検査)に適応を有する超音波診断用造影剤です。
  2. ガラクトースの溶解により発生し、パルミチン酸により安定化される微小気泡を有効本体としています。
  3. レボビスト注射用の微小気泡は、末梢血管を通過し、数分間にわたり全身の血管系を循環します(イヌ,ウサギ)。
  4. 右心腔・左心腔のみならず種々の臓器・血管の超音波検査におけるシグナル増強効果を発現し、診断能の向上に寄与します。
  5. 承認時における副作用の発現率は以下のとおりでした。
    静脈内投与:総症例1,217例中93例(7.6%)に副作用100件が認められました。主な症状は注入部疼痛37件(3.0%)、ほてり21件(1.7%)、注入部冷感13件(1.1%)などでした。
    子宮腔内投与:総症例172例中7例(4.1%)に副作用11件が認められました。主な症状は嘔気3件(1.7%)、腹痛2件(1.2%)などでした。

製品基本情報

効能・効果、用法・用量、警告、禁忌、原則禁忌を含む使用上の注意、用法・用量に関連する使用上の注意につきましては、製剤の添付文書をご参照ください。

2006年7月より新名称レボビスト注射用に変更