MRI撮影困難症例におけるミエログラフィー[頚椎症性脊髄症]

大阪赤十字病院 整形外科
坂本 武志 先生

ご紹介する症例は臨床症例の一部を紹介したもので、全ての症例が同様な結果を示すわけではありません。
効能・効果、用法・用量、警告、禁忌、原則禁忌を含む使用上の注意につきましては、
添付文書(イソビスト注240)をご参照ください。

症例解説

  • 左肩挙上障害と左母指のしびれが主訴のアテトーゼ型脳性麻痺の患者であり、カイロプラクティックにて症状が増悪する。
    不随意運動により安静不能のためMRI撮影が困難であり、ミエログラフィーを施行する。
  • 機能撮影にて伸展時にC3/4の狭窄が増強し、ミエログラフィー後CTにて、C3/4 > C4/5レベルで脊髄の圧迫を認める。
  • C3-5の椎弓形成術を施行した。

イソビストを用いたミエログラフィー検査の有用性

  • 不随意運動を随伴しているアテトーゼ型脳性麻痺患者では、安静が保てないことよりMRI撮影は困難であり、脊柱管内病変の精査にはミエログラフィーが有用である。
  • 動的障害因子を有するような疾患では、ダイナミック撮影ができるミエログラフィーは 診断的価値を高めると考える。
  • イソビストは、親水性が高く、中枢神経系への耐用性に優れることから、頚椎症性脊髄症のミエログラフィーに適していると考える。

ミエログラフィー

ミエログラフィー

ミエログラフィー

頚椎前屈時はC3/4レベルで軽度の狭窄を認める

ミエログラフィー

ミエログラフィー

頚椎後屈時にC3/4レベルで狭窄は増強し、高度な硬膜嚢圧迫を認める

ミエログラフィー後CT

ミエログラフィー後CT

C3/4:骨棘形成、黄色靱帯の肥厚により全周性の脊髄圧迫を認める