肩回旋筋腱板損傷例における肩峰下滑液包への造影剤の漏出像と滑液の貯留

岩手医科大学 整形外科
西田 淳 先生

ご紹介する症例は臨床症例の一部を紹介したもので、全ての症例が同様な結果を示すわけではありません。
効能・効果、用法・用量、警告、禁忌、原則禁忌を含む使用上の注意につきましては、
添付文書(イソビスト注240イソビスト注300 )をご参照ください。

イソビスト®注240 関節造影画像

イソビスト®注240 関節造影画像

肩峰下滑液包への造影剤の漏出

  • イソビスト®注240 関節造影画像
  • イソビスト®注240 関節造影画像

肩峰下滑液包への滑液の貯留

MRI画像

MRI画像

MRIで肩峰下滑液包への滑液貯留と腱板損傷が認められた

診療上の有用性について

  • 滑膜炎を伴う肩回旋筋腱板損傷患者において、手術計画を立てる目的で、MRI検査、並びにイソビスト®注240を用いた関節造影を実施した。
  • 本例では、MRI検査で肩峰下滑液包への滑液貯留と腱板損傷が認められ、関節造影においてもイソビスト®注の漏出と滑液の貯留が認められた。
  • 腱板損傷は MRI検査で明瞭に描出されない場合もあるが、関節造影において造影剤(イソビスト®注)の漏出が認められる場合があり、診断上、有用なことがある。