高~中分化型肝細胞癌

大阪赤十字病院
消化器科
坂本 梓先生, 大﨑 往夫先生, 木村 達先生, 喜多 竜一先生
放射線科
高津 安男先生

ご紹介する症例は臨床症例の一部を紹介したもので、全ての症例が同様な結果を示すわけではありません。
効能・効果、用法・用量、禁忌、原則禁忌を含む使用上の注意につきましては、添付文書をご参照ください。

症例背景とMRI検査の目的

70歳代 女性.
C型肝硬変症で外来経過観察中, 腹部超音波検査にて1.1cm大の不明瞭な高エコー域を認め, 結節の存在を 疑い,
精査のためdynamic CTの撮影とEOB・プリモビスト造影MRIの肝細胞造影相の撮像を行った.
さらなる精査のため 血管造影下CTの撮影および EOB-RVSを施行した.

撮像パラメーターと造影剤の投与方法

手順とSequence Parameter

手順とSequence Parameter

造影剤の投与方法

造影剤の投与方法

留意点・補足

後押し用生理食塩液は使用していない。

参考:本症例のCT検査

参考:本症例のCT検査

画像所見

CT所見・EOB・プリモビスト造影MRI所見・MRI所見

血管造影下CT所見・EOB-RVS所見・ペルフルブタン造影超音波所見

病理所見

治療経過

非多血性であったが, 組織学的に高~中分化型肝細胞癌と診断され,
EOB-RVS下にラジオ波焼灼療法(RFA)を施行した. 施行後, 現在まで再発なく経過している.

まとめ;EOB・プリモビスト造影MRIがなければ検出できない中分化型肝細胞癌が存在することを踏まえると、EOB-RVSは肝細胞癌診療において画期的なmodalityといえる

EOB・プリモビスト造影MRIの出現は, しばしば他のmodalityでは検出できない非多血性の肝細胞性結節を肝細胞 造影相で低信号として描出し, 肝細胞癌診療の現場に大きな衝撃を与えた. その多くはdysplastic noduleから 高分化型肝細胞癌であると考えられている中, 今回我々はEOB・プリモビスト造影MRIをリファレンスとしたReal-time Virtual Sonography(以下EOB-RVS)下の生検にて, 高分化型肝細胞癌の中に中分化型肝細胞癌が混在していた 症例を経験した. EOB・プリモビスト造影MRI時代における肝細胞癌診療のあり方を考えさせる示唆に富む症例である.

結節像を明瞭に描出できたのはEOB・プリモビスト造影MRIの肝細胞造影相のみであったが, 組織学的に 高~中分化型肝細胞癌であるという一例であった. 今回の症例のように, EOB・プリモビスト造影MRIがなければ 検出できない中分化型肝細胞癌が存在するという事実を踏まえ, 今後我々はEOB・プリモビスト造影MRI時代 における新たな肝細胞癌診療を展開していく必要があると思われる.

EOB・プリモビスト造影MRIの肝細胞造影相は脈管の描出にもすぐれ, RVSにおけるリファレンス画像として 適している. さらに今回の症例のようにEOB・プリモビスト造影MRIでのみ検出される結節を, EOB-RVSを 用いることで超音波検査下に描出でき, 診断・治療などの処置を加えることができる. 肝細胞癌診療において, EOB-RVSは非常に画期的なmodalityといえる.

本症例はEOB・プリモビスト造影MRI時代における肝細胞癌診療の新たな展開が垣間見えた一例であったと 思われる.

Real-time Virtual Sonographyは、株式会社日立メディコの登録商標です.

副作用(承認時)

総症例1,755例中76例(4.33%)に副作用が認められた. 主な副作用は, 血管拡張(熱感, 潮紅)16例
(0.91%), 悪心12例(0.68%), 味覚倒錯9例 (0.51%), 頭痛8例(0.46%)等であった.
( 承認時:国内及び海外臨床試験の合計)

使用上の注意

4.
高齢者への投与
一般に高齢者では生理機能が低下しているので, 患者の状態を十分に観察しながら慎重に投与すること.